日本とヨーロッパにおけるディーゼル環境の違い

日本ではディーゼルエンジンはトラック用のエンジンという印象が非常に強く、乗用車などのディーゼルエンジンモデルを作ってもあまり台数が伸びません。

しかし、自動車の先進国といっていいヨーロッパでは、意外とこのディーゼルエンジンモデルが売れているらしいのです。

その理由の一つとしてヨーロッパが陸続きで国同士が隣り合っているという事が言えます。

ヨーロッパでは隣の国に行くときでも書類さえ手配できれば車で自由に行き来することができます。

それによって車で簡単に隣の国へ旅行なんてこともできてしまうわけです。

そうなるとそれなりの距離を走ることになりますから、燃料代もバカになりません。

そこで燃料代が安く済むディーゼルエンジンモデルが重宝するという事なのです。

そしてもう1つ、ヨーロッパではガソリンエンジンよりディーゼルエンジンのほうが環境基準が甘くなっているという事が言えるでしょう。

ヨーロッパは環境基準が厳しいことで有名ですが、それはガソリンエンジンだけのことで、ディーゼルエンジンの場合は、日本のディーゼルエンジンに対する基準よりかなり緩いものとなっているのです。

それによってディーゼルエンジンモデルの価格は安くなり、需要が増えるので自動車メーカー側としてもたくさんのディーゼルエンジンモデルを用意するわけなのです。

このようにお国柄と基準の違いによって、ディーゼルエンジンがおかれる環境というものは全く違うものなのです。

中古車はオークションで売るより一括査定!

inserted by FC2 system